サマーチャレンジカップはまず全員同一問題の予選から始まります。朝から遠足ムードの生徒たちも「用意はじめ!」の声がかかると一気にスイッチを入れて、集中する様子は圧巻です。かけ算、わり算、見取り算と進み、長いようであっという間に予選も終了。三種目の合計点で決勝戦の組が決まります。

予選の得点をもとにS組とA〜F組に分かれてそれぞれの組で競います。決勝戦はかけ算・わり算・見取り算・見取暗算をボタン早押しで正確さとスピードを競うステージAと読み上げ算、読み上げ暗算、フラッシュ暗算で競うステージB。それぞれの種目で獲得したポイントを争います。

そしてA組からの勝ち上がった3人を交えたS組での優勝決定戦。トップレベルの激戦を制したのは5年生の辻唯人くん!昨年に引き続き2年連続となる優勝でした。

死力を尽くした競技会の後は、みんなで夕食、キャンプファイヤーでゲームして、お風呂に入って仲間たちとの特別な夜を楽しみました。

2日目は朝のラジオ体操に始まって、朝食の後、高学年は陶芸、中学年・低学年はピザ作りとオリジナルマグカップの製作です。手作りのピザと先生が作ったカレーを食べて満足したら、楽しかった合宿もおしまいです。

また電車に乗って、みんなで帰途につきました。